40代後半での再就職活動・副業奮闘記

アラフィフからの転職

ブログ 資格

国家資格 ウェブデザイン技能検定2級

投稿日:2018年12月6日 更新日:

Pocket

スポンサーリンク

これまた浴業訓練に通っていた時に、習得した知識と技能を形に残したいと受験した試験。

WEB関連の試験て受験料が高くて、失業者の私(特におばちゃん)にはきつく、WEBクリエイター能力検定とウェブデザイン技能検定とどちらかにしようと思いつつ、結局両方受けちゃったというもの。

WEBクリエイター能力検定は、当初受ける気はなく、国家資格のウェブデザイン技能検定のみのつもりだった。

噂では、ウェブデザイン技能検定の学科は難しいらしいと聞き、滑り止めに?WEBクリエイター能力検定を受けたというもの。

ウェブデザイン技能検定2級ってどんな試験?

ウェブにかかわる全ての人のための国家検定で、1級、2級、3級とある。

年に4回試験が行われ、それぞれの級で学科と実技を受験する形となります。

学科と実技の両方で合格となりますが、学科のみ、実技のみの合格もあり、再受験時には免除することもできます。

受験資格・受験手数料は下記のとおり(出典:ウェブデザイン技能検定HP

1級 【実技試験】
・1級の技能検定において、学科試験に合格した者(※1)
【学科試験】
・7年以上の実務経験(※2)を有する者
・職業高校、短大、高専、高校専攻科、専修学校、各種学校卒業又は普通職業訓練修了(※3)後、5年以上の実務経験(※2)を有する者
・大学(※3)卒業後、3年以上の実務経験(※2)を有する者
・高度職業訓練修了(※3)後、1年以上の実務経験(※2)を有する者
・2級の技能検定に合格した者であって、その後2年以上の実務経験(※2)を有する者
2級 ・2年以上の実務経験(※2)を有する者
・職業高校、短大、高専、高校専攻科、専修学校、各種学校卒業又は普通職業訓練修了(※3)した者
・大学(※3)を卒業した者
・高度職業訓練(※3)を修了した者
・3級の技能検定に合格した者
3級 ・ウェブの作成や運営に関する業務に従事している者及び従事しようとしている者

※1:当該実技試験が行われる日が、学科試験の合格日より2年以内である場合に限る。
※2:実務経験とは、ウェブの作成や運営に関する業務に携わった経験のことである。
※3:学校卒業、訓練修了については、卒業あるいは修了した該当科に協会が定めたウェブの作成や運営に関する科目等が含まれると協会が認めたものに限る。

受検手数料(非課税)

1級・・・ 学科: 7,000円 実技: 25,000円 (実技はペーパー実技含む)
2級・・・ 学科: 6,000円 実技: 12,500円(35歳以上)、7,000円(35歳未満)※
3級・・・ 学科: 5,000円 実技: 5,000円 (35歳以上)、3,000円(35歳未満)※
※平成29年度第3回試験より、試験実施年度の4月1日において35歳未満の方は実技試験の受検手数料が減免となります。
・学科・実技共に免除(両側免除)、または1級実技免除にて申請をされる場合、手数料は2,000円となります。
・納付された受検手数料の返還や次回試験への振り替えには応じられません。

3級受験して2級を受けるなら、最初から2級を受験したい!!!(金銭的にも)

受験資格にもあるように2級は、誰でも受けれるものではありません。

実際、私も学校から実務経験が満たしていないと断られました。

では、なぜ受験できたか?FAQで下記のように記載があったため直接協会に問い合せました。

受検資格のうち、実務経験とはどのようなものですか?
実務経験とはウェブの作成や運用、運営、管理に関する業務に携わった経験を指します。
なお、2級の受検資格である「実務経験2年以上」とは、その期間(2年間)に連続してその業務に携わっていなくても、継続あるいは通算して業務に携わっている期間が2年以上であれば、条件に該当します。
2級の実務経験として認められる事例は次の通りです。

【認められるもの】

  • ・ウェブサイトの開発、運用、管理に携わった方
  • ・上記以外に、ウェブの更新、企画、保守に携わった方
  • ・総務、企画、広報等の部署において、ウェブの運用、更新、企画等に携わった方
  • ・ウェブサイトを含むイントラネット等の管理、運用等に携わった方
  • ・個人等で目的を持って他者への情報発信のためにウェブサイトを作成し、継続した運用、更新、管理を行った方
  • ・ウェブサイトを個人で作成し、企業等に導入、運用、管理等を行った方
  • ・教育機関等において講師等の業務を行った方

※ これらの実務経験は、IT 関連企業に勤務しているかどうかは関係ありません。

個人等で、目的をもって他社への情報発信のためウェブサイトを作成し、継続した運用、更新、管理を行った方

これが私には当てはまると思い問い合せてみました。

WordPressでサイトを運営して2年以上は経っていますからね。

HTMLもCSSもしていないけどWordPressで大丈夫なのか?なんならドリームウィーバーやホームページビルダーでもいいの????

答えは、いいらしいです。

協会がいいって言っているんですから、学校が断れるわけがありません。

再度、協会から大丈夫と言われた旨を学校に伝え無事申込。

多分、こうやって2級を諦めている人も多いのでは??

きちんと調べて納得のいくように自分で調べて問い合わせしましょうね。

受験料も馬鹿になりませんからねぇ。

試験対策

過去問をやってみるとわかると思いますが、実技に関してはここ何年も変わらない内容なので、とにかく過去問が解ければ落ちることはないでしょう。(が、たまに5問目のjsあたり見たことがないようなのが出ます。)

学科対策

学科に関してはウィネットからテキストが販売されています。

こちらは、ネットチャレンジがついてくるので、隙間時間にスマホなどで問題を解いたりしてました。(有効期限が半年だったか1年だっかたな?)

テキストは勿論なんだけど、とにかく過去問を過去3年くらいを何回も解くこと!!!とにかく解いて解いて解きまくれ!!!

過去問はウェブデザイン技能検定HPに掲載されています。

また、HPの過去問は3回分しか掲載されていませんが、アドレスを変更すると遡って問題が表示されます。

http://www.webdesign.gr.jp/kentei/open/H30-1-2_gakka_open.pdfを /H29-1-2_gakka_open.pdfに変更するとH29年の問題が表示されます。

このテキストで助かったのは、実技の問5の選択問題でjsを選択した所、過去問では見たことがない問題がこのテキストには掲載されていた事。おかげで実技は合格しました。

実技対策

実技対策は、これまた過去問を解くべし!!!

問題集を買うならこちら↓

正直言って、この問題集とっても古いのですが、これで十分です。

なぜって、もうずっと昔からこれでいいのかというくらい内容が変わらないから。ほんとにこれでいいのか???

ただ注意すべきは、アニメーション作成時FLAShが使えないこと。

私はgifアニメーションをPhotoShopで作成しました。

実技に関しては、YouTubeがとっても役に立ちました。ウェブデザイン技能検定2級で検索すると沢山出てきます。

とても参考になったサイト:レアカードのWEBデザイン日記

PhotoShopでフレームアニメーションを作成する方法

結果は?

試験翌日午後に学科の解答がHP上に公表されます。

これで、大体自分が落ちたかどうかはおおよそわかります。

なぜなら、実技よりも学科が難しいから。

とにかく、範囲が広くPHPやJSやらなんやらかんやら…ちょろっと職訓で習った程度では難しいのだ。

と言い訳になってしまいますが、実技は合格、学科は1点差で不合格でした。

学科・実技共に試験中途中退室可能なのですが、ついつい時間が余り見直してしまって、見直したところが間違っていたなんてことばかり。

いつも見直して失敗しているんだから、見直さなければいいのに、同じ過ちを繰り返す馬鹿。とっとと退室すればよかった。

まぁ、いいんです。実技だけでも合格していれば・・・

再受験は学科のほうが安いので・・・

ここまで来たら、やっぱり合格したいよね。

いつか再チャレンジします!!

どちらか一方の合格(免除)有効期限は2年。

来年またがんばりますよ。

たぶん・・・
WEBクリエイター7を目指すなら必須のAdobe CC、単品で購入するよりはるかに安く購入出来て1年間使い放題。

少し離れると忘れてしまうイラレやフォトショ、DSも更に勉強もできてこのお値段は凄いですよね。

仕事にするならソフトは必須です。


ブログランキングに参加しています。クリックお願いします。
にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ
にほんブログ村

にほんブログ村 転職キャリアブログ 再就職へ
にほんブログ村
こちらもクリックお願いします。

人気ブログランキング

-ブログ, 資格
-, , , ,

Copyright© アラフィフからの転職 , 2018 All Rights Reserved.